安いプチ埋没法|タトゥー除去で綺麗な肌を蘇らせる手段|素肌の美しさ

タトゥー除去で綺麗な肌を蘇らせる手段|素肌の美しさ

安いプチ埋没法

女性

今後の動向についての予測

プチ整形手術の代表ともいえるのが二重まぶたの「埋没法」です。一重まぶたの冷たい目元も、埋没法をすることで簡単に好感度が高い二重まぶたにすることが可能です。 最近の相場を見てみると、埋没法の価格破壊が続いています。埋没法の手術は、20年ぐらい前は両目で15万円以上するのが普通でしたが、今はほとんどの病院で10万円を切る手術費用になっています。もっとも安い病院だと片目で7千円くらい、両目だと1万円ちょっとでできるほどです。 埋没法に限らず美容整形手術全体に言えることですが、学生でも手が届くほどお手頃な手術費用に設定している病院が増えてきています。こうしたプチ整形費用の低価格化は今後も進んでいくものと思われます。

二重手術の注意点とは

二重まぶたの整形手術には大きく分けると「埋没法」と「切開法」があります。埋没法は糸で縫いつけるだけなのに対し、切開法はメスで瞼を切開し、縫合してラインを形成していきます。埋没法は短時間かつ低料金で簡単にできて、仕上りが気に入らなければ元に戻したりラインの幅を変更することができます。それに対して切開法は一度やると元に戻すことができないという特徴があります。従って、切開法を選択した場合は、後悔しないように医師と相談した上で自分の顔立ちにあう二重のラインを見つけることが大切です。また、埋没法にしても5年10年と経過するとそのラインが自然とくせづいてくるので、時間がたってから幅を変えるのは大変になります。